熊本・大分群発地震 寄附のお願い

 

東日本大震災では多大なるご支援を賜り誠にありがとうございました。

 

この度の熊本・大分群発地震において、
被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

ワンファミリー仙台でも4月28日から緊急支援活動に入ります。
東日本大震災の御恩返し。
避難されていらっしゃる方々に温かい食事を提供したい!と、炊き出しの緊急支援に参ります。
皆様のご支援を是非お願いいたします。

 

郵便振替口座
加入者名 特定非営利活動法人ワンファミリー仙台
口座番号 02200-8-82849

530(ゴミゼロ)活動が河北新報に掲載されました

530(ゴミゼロ)活動 700回記念のお知らせ

 

「平成14年から始めた路上生活者の方とのゴミ拾い(530活動)が、
平成27年10月14日(水)で700回目を迎えます。

【平成19年8月から平成27年9月末までのデータ】
延べ参加人数は 22,679名
拾ったゴミの総数 6,346個(単位:1ゴミ袋=45L)

路上生活を卒業した後も、多くの方が継続して参加してくださっています。
中には出席率9割の方も!本当に頭が下がる思いです。

 

ここまで続けることができたのは、参加者のみなさん、お弁当に使うお米や食材、資金を寄付してくださったみなさん、市民のみなさんのご理解のおかげです。

 

ワンファミリー仙台では、『仙台の街が誰にとっても暮らしやすい街となるように』今後も街の美化・生活困窮者の支援のために530活動を続けていきます。

 

【530活動情報】
資源ごみ集めに貢献!!
 私達は、「アルミ缶・スチール缶」「ビン」「ペットボトル」「一般ごみ」をしっかり分別することにこだわっています。仙台市が回収してくれるこれらのごみは、「資源ごみ」として再利用されます。
資源ごみは市の歳入に!!
 また、回収された資源ごみは市によって売却され、収益として市の歳入を助けています。路上生活者の方たちとのゴミ拾い活動は、価値あるもの(資源・収益)を再生産する一端を担っています。

 

☆ボランティアの参加も常時、受け付けております!
☆困っている人のために何かできないか、お考えの方はいつでも私達にアクセスしてください!
  530(ゴミゼロ)活動について、詳しくはこちら→

【求人募集】ワンファミリー仙台で一緒に働きませんか?

ワンファミリー仙台では、ひとりひとりがしあわせと思える社会を目指して、ホームレス支援、生活困窮者の自立支援に取り組んでいます。
困っている方を勇気づけ、一緒に問題解決に向けて支援をする支援員を募集しています。相談支援の現場では、あなたの人生経験、人間力を必要としています。
貧困問題の解決に、是非あなたの力を貸してください!

 

職  種 相談支援員・ソーシャルワーカー
仕事内容 生活困窮者を対象とした相談支援、施設管理
生活面、就労面での自立をサポート。
募集人数 1名
応募資格 年齢・学歴・不問 
※福祉関連の資格をお持ちの方優遇(社会福祉士、介護士等)
勤務地 仙台市青葉区
勤務時間 9:00~18:00(時間外勤務 月10時間程度)
休憩75分 休日シフト制(年間110日)
待  遇 契約社員 月給160,000円~220,000円
社保完備、通勤手当(月2万円まで)、昇給あり(1,000円~3,000円)
試用期間3カ月(同条件)
応募方法 電話連絡後、履歴書・職務経歴書を持参又は郵送ください。
連絡先 特定非営利活動法人ワンファミリー仙台
〒980-0802
仙台市青葉区二日町4-26リバティーハイツ二日町102
電話 022-398-9854(担当 今藤)

詳細はこちらをご覧ください→

ページの先頭へ戻る ▲

クリーンボランティア530活動ご支援のお願い

530活動に皆様のご支援をお願いします!

 

毎週水曜日クリーンボランティア530(ゴミゼロ)活動

 

ワンファミリー仙台では、「クリーンボランティア530(ゴミゼロ)活動」への「寄付金」・「支援米」・「ボランティア参加」を募集しております!!

皆様からの寄付金については、活動実施したときの支給する200円にあてられます!
また、お米は活動のお弁当のお米とシェルター入居者の食事につかわれます。
よろしくお願いいたします。 >>詳しくはこちら

講演会開催のおしらせ(参加費無料)

生活苦による自死防止シンポジウム

『自死問題と生活困窮者一時生活支援について』
~生活困窮者自立支援法を活用し、生活支援で自死ゼロを目指す~

 

日 時 平成27年8月4日(火) 13時30分~15時30分
場 所 宮城自治労会館 401号室(定員50名)
住所:仙台市青葉区二日町7-23

 静岡市の「NPO法人POPOLO」の代表、鈴木和樹さんを講師にお招きし、一時生活支援事業(シェルター事業)の取組みについて勉強会を開催いたします。みなさまのご参加をお待ちしております。
※参加を希望される方は、下記までご予約をお願いいたします。
(担当:平井、今藤まで)

 

電 話 022-398-9854
FAX 022-398-9856
メール info@onefamily-sendai.jp

『自死問題と生活困窮者一時生活支援について』~生活困窮者自立支援法を活用し、生活支援で自死ゼロを目指す~

NPO法人を騙る団体にご注意ください

ページの先頭へ戻る ▲

530(ゴミゼロ)清掃活動の実施曜日、開始時間の変更のお知らせ

ワンファミリー仙台へようこそ

ワンファミリー仙台は、地域で生活する路上生活者をはじめ身寄りのいない生活困窮者たちに、人間本来の尊厳を持ってもらい、互いの為に何が出来るかを考え、孤立した状態から絆づくり、つながりづくりを進めている非営利活動法人です。わたしたちは、ひとりひとりが生きていて良かったと思える社会実現にむけて、前進していきたいと考えています。皆さまのご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
>>続きはこちら

 

Welcome to One Family Sendai.

弁護士による被災者無料相談

弁護士による被災者無料相談電話実施中

毎週金曜日の午後1時から午後4時までの間、弁護士による無料電話相談を行っています。
(同じ内容での相談は、おひとり様3回までにさせていただいております。)
022-398-9854までお電話

下さい。震災に関するご相談もお寄せ下さい。

また、仙台弁護士会・日本弁護士連合会による被災者無料相談も実施しております。
>>詳しくはこちら(PDF)

ページの先頭へ戻る ▲

ワンファミリー仙台の取り組み

クリーンボランティア530(ゴミゼロ)活動

路上生活者の就労支援

 

ワンファミリー仙台の根幹となる活動です。ホームレスの方々、生活困窮者の方々などの当事者たちと一緒に仙台駅周辺をきれいにしていく活動です。毎週水曜日(祝日の場合は休み)に仙台駅西口を発着点として中心街の清掃活動を行っています。>>NEXT

 

シェルターの運営

地域と密接に関わる活動を行います

 

派遣切りなど様々な理由で住むところを失った人達に、住居と食事を無償で提供しています。シェルターから自立に向けた住居支援・就労支援を行っています。

トピックス

「伴走型絆構築センター」開設のご案内

このたび、ワンファミリーでは、かねてから実現を切望していた「伴走型絆構築センター」を開設致しました。無縁社会で孤立状態にある人たちが、再び絆を取り戻すための「居場所」であり、誰でも自由に利用できるサロンと、生活困窮者あるいは社会的に孤立状態にある人のための、ワンストップサービス対応の相談室を併設しております。また、サロンでは講習会、展示会等を定期的に開催する予定です。一人でも多くの方が絆を取り戻せるよう、スタッフ一同力を尽くして参りますので、今後もご支援ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

仙台・伴走型絆構築センター地図  

伴走型絆構築センター
仙台市青葉区二日町4-26リバティーハイツ二日町102
TEL 022-398-9854
FAX 022-398-9856
地下鉄勾当台公園駅 北1出口から
徒歩5分

 

絆空間、「サロン・ド・アンファミーユ」オープンのお知らせ

ワンファミリーでは、誰でも自由に利用できる多目的スペース「サロン・ド・アンファミーユ」をオープンしました(伴走型絆構築センター内)。当サロンでは地域の絆再構築に役立つ講習会、展示会を定期的に開催していきます。詳細は随時ホームページに掲載いたしますので、是非一度、サロン・ド・アンファミーユに遊びにいらしてください。

ページの先頭へ戻る ▲

毎週水曜日クリーンボランティア530(ゴミゼロ)活動

東日本大震災救援活動報告

ワンファミリー仙台活動報告日記

メルマガ配信 メールマガジン「感謝合掌」登録はこちらから

ワンファミリー仙台 ツイッター

累計:
本日: 昨日: